年次大会

2013年3月16日(土)晴れ

桜のつぼみも緩みそうな陽気な朝を迎え
「第12回 年次大会」が開催(阪南大学にて)されました。

今年のテーマ
「ローカルからグローバルヘ~グローバルベンチャーへの道」

わが【女性起業家研究部会】からは、
プログラム午前中の事例発表に
3名の女性社長を講演者としてお招きしました。

・㈱シンキオン 代表取締役:土田磯実 社長
「女性ブランディング力の経済効果」

・㈱メルキュール 代表取締役:合田由佳 社長
「ポットに咲く心の花」

・㈱テラス 代表取締役:森田祥子 社長
「お洒落な靴が履きたい ミラノ発…」

三人三様、グローバルな企業展開をされていて
同時に、私生活もやはり国境の縛りのない自由で
かつクオリティーの高い日常を過ごされていて
拝聴していて 良い刺激を受けました。

~~~~~~~~~~~~~~

午後の基調講演のテーマは、
「東南アジアにおけるベンチャーの可能性」
近藤昇社長(ブレインワークス)様のパンチあるご講演に
目を見張るばかりか 目から鱗で、忙しかったです(笑)。

それに続くシンポジウムでは、
東南アジア(タイ)に お詳しい阪南大学の関先生、
マレーシア生活の経験を活かして起業されている
若手アントレプレナー阿古哲史社長の いずれも
ライブ感たっぷりの貴重な お話を拝聴しました。

さらに、もう一人のスペシャルゲストである
川村千秋社長(プライムBZコンサルタンシー)は、
前夜、シンガポールから駆けつけて下さり
20年近く前に日本をあとにシンガポールで起業されたという
思い切った「人生スイッチ」を入れられたお話をお聞きし
彼女の勇敢ぶりを頼もしく思いながら聞き入りました。

皆さん、あまりに盛りだくさんな内容だったので、
ここでは書ききれませんので別の機会にご報告させて頂きます。

いずれにしても、近頃の
女性の活躍ぶりには目を見張るばかり。

午前中に発表された
シンキオン(土田社長)は、パリに15年暮らされたご経験あり。
メルキュール(合田社長)は、中国茶の輸入に中国に頻繁に行かれ
テラス(森田社長)は、靴の買い付けにシーズン毎にミラノに行かれ
川村社長(プライムBZコンサルタンシー)は、シンガポールで
ビジネスを成功された誇らしい日本人女性です。

プログラム最後のほうには、
「学生ビジネスプラン発表」が行われました。
(近大・関西学院大学・大阪経済大学・追手門大学・阪南大学)
将来を担う若手ポープ達の意気込みに
「日本の将来も捨てたもんじゃないな~」と思った人も
多いことでしょう。
来年度は、女性学生の応募者が多数あることを期待しています。

最後に、川村社長から頂いた貴重なお言葉を記します。
「外国へ羽ばたくことを、日本の損失という人もいるけれど
海外で大成して、その後 日本に持ち帰れば素晴らしいことです」

小っちゃな自分を見直す いい勉強になりました。
有意義な一日に乾杯♪

女性起業家研究部会 主査:松村 敦子

★<お知らせ>
4月より、主査を三根幹事と交代することになりました。
3年間、私が主査のあいだご支援下さりお礼申し上げます。
4月~新体制の女性起業家研究部会を引き続きご期待下さい♪

カテゴリー: 女性起業家研究部会, 部会活動(案内)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。