ビジネスモデルとベンチャー研究部会

目次

設立趣意書

設立目的および活動方針

(1)名称

ビジネスモデルとベンチャー研究部会

(2)主査・幹事

主査 小西一彦(兵庫県立大学) 幹事 中川典哉(大阪大学特任事務職員)

(3)趣旨・目的

ビジネスモデルとベンチャーは新時代の経営の2大概念である。前者は新時代の経営の設計図または概念図であり、後者は新時代の経営のスタートアップ期と成熟後期後に見られる革新的な事業の形態であると考えられる。いずれも新時代の経営で極めて重要な意義を有していることは間違いない。しかし、わが国ではこれがなかなか一般化していかないのは問題である。そこで、当部会では、改めてこの問題について、概念的な検討と、理論研究、事例研究、実証研究を行い、実務と学界における認識の遅れを是正していく。それを通じて会員としての役割を果たすことが当部会の目的である。

(4)おもな活動内容

ビジネスモデルとベンチャーに関係した発表とそれを踏まえたディスカッションを行うことを主な内容にした研究会をなるべく頻繁に開催していく。ビジネスモデルとベンチャーについての論文の執筆者による発表や実務で活躍中のベンチャー経営者に発表して頂き、理論と実践の統一の実践という観点から、新時代の経営と経済、社会、文化の問題について議論していく。関西ベンチャー学会と日本ビジネスモデル学会、関西4ベンチャー研究会、などとの間の橋渡役的な機能も遂行できれば幸いである。

 

 

コメントは受け付けていません。