関西ベンチャー学会 第17回年次大会 お申込み受付中です

関西ベンチャー学会 第17回年次大会

「産学連携と大学発ベンチャー―大学等技術移転促進法の20年―」

関西ベンチャー学会会長 林 茂樹(大阪工業大学知的財産学部長 教授)
年次大会実行委員長  宮田 由紀夫(関西学院大学国際学部 教授)

[ 大会概要 ]
1日 時 2018年2月24日(土)
2受 付 10時00分開始
3開 会 10時30分  閉会17時50分  懇親会18時00分~20時00分
4会 場  関西学院大学大阪梅田キャンパス (阪急梅田駅茶屋町口)
5テーマ 「産学連携と大学発ベンチャー―大学等技術移転促進法の20年―」
6主 催  関西ベンチャー学会大会実行委員会
7後 援
近畿経済産業局、大阪府、関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所
日本政策金融公庫、関西ニュービジネス協議会、日本経済新聞社大阪本社
毎日新聞社、日刊工業新聞社

[ 趣  旨 ]
大学等技術移転促進法は1998年5月6日に制定され、1999年4月1日に施行された。同法は技術移転組織(TLO)に政府補助金を支給し大学から企業への技術移転(特許ライセンシング)を促進する目的で制定され、わが国の産学連携推進策の嚆矢とも言うべきものである。大学と既存企業との連携と、大学発ベンチャーの設立とは決して二者択一ではなく補完的である。大学発ベンチャーは産学連携の成果を実用化するため、既存企業へのライセンシングには未だ萌芽的な技術をさらに開発するために教員・学生によって設立され、また、設立後も企業と連携していくことがイノベーションを生み出す。同法から20年近くを経て、今一度、産学連携と大学発ベンチャーの現状とこれからの課題を考察したい。

[ 大会次第 ]
10:00 受付開始  10階エレベーターホール
10:30~11:00 関西ベンチャー学会会員総会 (1004教室)
11:00~12:00 会員による研究発表会 (1403教室)
12:00~13:00 昼食休憩(理事会)
13:00~15:30 シンポジウム (1004教室)
「産学連携と大学発ベンチャー―大学等技術移転促進法の20年―」
講演者・パネルディスカッション参加者
杉田定大氏(本会理事、経済産業省元審議官)
兼松泰男氏(本会理事、大阪大学産学共創本部)
斎藤尚樹氏(文部科学省科学技術・学術政策研究所)
司会:宮田由紀夫(関西学院大学国際学部)
15:40~17:40 学生ビジネスプラン発表会 1004教室
17:40 総括
18:00~20:00 懇親会 ホテルサンルート梅田 学生ビジネスプラン発表会表彰式

[大会参加費]
① 事前申込者(懇親会費を除く)
必ず会費の振り込みを事前に行ってください。事前に会費納入のない場合は当日申し込み料金となります。
会員 2,000円、一般非会員 5,000円、学生会員 500円、学生非会員 2,000円

②当日申し込み(同)

会員 3,500円、一般非会員 5,500円、学生会員 1,500円、学生非会員 2,500円

懇親会会費(別途)5,000円

事前会費納入先(事前納入締切:2月16日(金)まで)

三菱東京UFJ銀行 茨木西支店(店番087) 普通 0097289

名義:関西ベンチャー学会 会長 林 茂樹

↓大会リーフレットです。皆様のご来場をお待ちしております。

第17回年次大会リーフレット(表面)

第17回年次大会リーフレット(裏面)

ご参加お申込みは下記フォームを入力ください↓

第17回年次大会お申込みフォーム

氏名
フリガナ
所属
メールアドレス
電話番号
区分(選んでください)
懇親会(選んでください)
備考

カテゴリー: 事務局からのお知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。