中部経済研究部会

目次

設立趣意書

(1)部会の名称
関西ベンチャー学会 中部経済研究部会と称する。

(2)体制
主査 深見 環 (四天王寺大学人文社会学部国際キャリア学科・准教授)
幹事 宮脇 敏哉(愛知産業大学経営学部・教授)

(3)趣旨・目的
中部地域は、自動車、航空宇宙、セラミックなどの最先端産業を有し、付加価値の高いモノづくりを
行う産業の集積地となっている。本研究部会は、このような日本有数のクラスター地域において、
産学官によるベンチャー事業育成のための研究を推進することを目的として設置する。

(4)おもな活動内容
春・夏・秋の年に3回、研究会を行う。

コメントは受け付けていません。