第26回九州研究部会・第5回 中部経済研究部会合同研究会開催ご報告

第26回九州研究部会・第5回中部経済研究部会合同研究会を開催させていただきました。

九州研究部会   主査 金津 謙(実践女子大学)
         幹事 宮脇 敏哉(四天王寺大学)
            深見 環(四天王寺大学)
日時 2021年3月1日(月曜日) 18:00から20:00まで
場所 Zoom(実践女子大学)による遠隔開催

発表者 
1 宮脇敏哉   徳山大学 社会貢献のSDGsの一考察
~SDGsの10、人や国の不平等をなくそう~
2 岩田一男   関西学院大学 PC演習のオンライン授業
              ~学生アンケートの春学期と秋学期の比較調査~
3 金津 謙   実践女子大学 コロナ禍における法学入門教育と遠隔授業
4 手嶋慎介   愛知東邦大学 大学間連携による地域ビジネス教育
 共同研究発表者 西川三恵子、堂野崎融、貝掛祥広、正田淳一(九州共立大学)
5 寺田篤史   徳山大学 中層の規範としてのSDGs
6 中嶋克成   徳山大学 ドイツ型租税法律主義の歴史的展開
7 庄司一也   帝京平成大学 オンライン授業の設計・実践に関する一考察
~従来の教育・学習と比較して~

コロナウィルス流行により、オンラインでの開催となりました。
オンライン故に、開催場所に制約されることなく遠隔地からの参加もあり、新しい開催方法として感慨深かった研究会でした。

研究会の後、オンライン懇親会を開催しました。
今後もこうした研究会を開催していきたいと考えております。
多くの皆様の参加をお待ちしております。

カテゴリー: 九州研究部会, 部会活動(案内)   パーマリンク

コメントは受け付けていません。