関西ベンチャー学会 学会誌Vol.11 論文要旨

関西ベンチャー学会 学会誌Vol.11 論文要旨

2019年3月に刊行されました関西ベンチャー学会 学会誌Vol.10に

掲載されております論文要旨をご覧いただけます。

尚、学会誌につきましては会員の皆様には既にお送りさせていただいております。

↓論文要旨をご覧になりたい場合はブルーの題名の文字をクリックしてください

「診療放射線技師の知識情報の取得・活用による病院内での役割の向上と医療への貢献」片桐邦彦、名取隆

「道の駅における顧客のすみわけ戦略に関する一考察」辻紳一

「中堅・中小企業のオープンイノベーションの現状と活用上の課題」名取隆

「ベンチャー類型による新規事業開発に関する比較研究 」福嶋幸太郎

「製造業中小企業の新製品コンセプ創造における情報発信とソーシャル・ネットワークの効果について」大谷隆児、名取隆

「茨城県取手市・龍ヶ崎市に見る起業支援の仕組み作り」奥田浩二

「21世紀のビジネスが実現する多面的な価値創造」阪本豪

「中小企業に対するイノベーション促進政策の効果」松平好人、名取隆

「楽器メーカーの製品開発戦略」赤松裕二

以上

カテゴリー: 学会誌   パーマリンク

コメントは受け付けていません。